技能実習生給与、手当てについて

入国後、実修生の1ヶ月間はPOEA合意文書の上、講習手当は7万円(食費含む) 以上となります。(この金額はフィリピン政府のルールによるものです。)
入国後35ヶ月間は技能実習生となり、給与所得者ですので最低賃金法に基づいた金額を支給され、家賃その他の控除が行われます。残業も可能となります。
技能実習生の毎月のモニタリング(管理)費用は、誠に申し訳ございませんが、10,000円となっております。
ディレクターの藤本哲児は、フィリピンから1ヶ月間に1度は日本をモニタリング、営業のため訪れています。
当社の日本駐在事務所が“福岡”に駐在員がいますので、もし技能実習生の「トラブル」が発生した場合、すぐに対処しますのでご安心下さい。
 
※又、2017年度末迄に「東京駐在員」「名古屋駐在員」を置く予定です。
どうぞ、宜しくお願い致します。