ご挨拶

サクラ ジャパニーズ
ラングェッジ スクール インク
(通称:さくら日本語学校)

社長
ジャスミン B. アマロ
JASMIN B. AMARO

理事長写真

サクラ ジャパニーズ
ラングェッジ スクール インク
(通称:さくら日本語学校)

ディレクター
      藤 本 哲 児

初めまして、さくらジャパニーズラングェージスクール(さくら日本語学校)のアマロ社長です。私共では、日本へ技能実習生達が飛び立つ前の4ヶ月間の日本語教育を行っています。また、日本語教育のみならず、日本の“マナー、ルール、慣例等”を厳しく指導しています。
 
尚、日本人の藤本 哲児がディレクターとして常駐して、日本語教育に携わっています。日本語教室は 28クラス〈全クラス25名内〉ですが、フィリピン人の先生が 58名、日本人教師が9名で担当しています。
 
今後、看護士、介護士の自由化にも視野を向けて、準備がスタートされています。
 
どうぞ、今後共、宜しくお願い致します

2017年1月元旦

社長 ジャスミン B. アマロ
(JASMIN B. AMARO)

ご挨拶

 私共、さくらジャパニーズラングェージスクール(さくら日本語学校)は、フィリピンのTESDA(技術教育技能開発庁)から2011年1月17日に認可を受けた日本語学校です。

(TESDAライセンス:NTR201113031007)

この日本語学校には、私がディレクターとして常駐して、日本語教育、マナー、習慣、ルール等に携わっています。日本語は4ヶ月間800時間の事前講習の合宿研修で行い、出国時に最低でも“日本語検定試験N4~N5”の合格レベルにして日本へ送り出しています。
 
尚、私共さくらジャパニーズラングェージスクール(さくら日本語学校)では、姉妹会社が2社あります。
 
プロデンシャル エンプロイメント エージェンシー インク(PEA)はフィリピン人技能実習生や海外への労働者(エンジニアを含む)を送り出すことが出きる会社です。
 
グランドフジ ファンデーションは帰国後の実習生、技能実習生達のフォローと就職先の紹介、両親のいない子供達へのヘルプや学校の設立等を行っています。
 
機会がありましたら、是非、フィリピンの私共の学校へ遊びに来て下さい。

 
スタッフ一同、逢える日を楽しみにしています。

2017年1月元旦

 

ディレクター 藤本 哲児

会社住所:3rd. Floor, Miki Mari Bldg., Sta. Cecilia Road, Talon 2, Las Pinas City, Metro Manila, Philippines
Tel.  (632) 871-1637        Fax (632) 871-1614
E-MAIL ADD: sakura_jlsi@yahoo.co.jp

お問い合わせのメールはこちらまで

Sakura Japanese Language School Inc. 2013-

福岡駐在事務所

ご挨拶

皆様、はじめまして、プロデンシャル エンプロイメント エージェンシー インク(PEA)では、まだ馴染みのないフィリピン人労働者を外国人技能実習生として日本へ送り出すお手伝いをさせて頂いております。特に中小企業の方々などは社員の方を新規雇用することも大変なところが多いようです。
そんな時、陽気で真面目で英語が喋れるフィリピン人技能実習生導入をお考えになってはいかがでしょうか?

事務担当 向江 訓子

日本駐在事務所

福岡市博多区博多駅前2丁目10-12
ハイラーク博多903号
TEL. 092-414-0720
FAX 092-411-9929

*お問合せやトラブル等にも敏速に対応致しております。